盗聴器の事を理解して、盗聴器対策をしましょう。

特捜盗聴器

盗聴器の種類

盗聴器と一言で言っても結構沢山の種類があります。
その種類もどんどん増えていたりもします。今現在で確認されている盗聴器の種類を紹介してみたいと思います。

部屋に取り付けるタイプ

電池式の盗聴器

電池を電源として盗聴器を動かしているタイプです。電池ですので、電池が切れたら電池を交換しないと使えなくなるのですが、小型にする事が出来るので、設置場所をほとんど選ばずに使用する事が出来ます。
最近では、常に電源がつきっぱなしになっているのではなく、音が鳴っている時だけ電源が入るようになる物も出てきています。
これだと、以前の電池式よりかは、長く使う事ができるのです。

電化製品に取り付ける盗聴器

あらゆる電化製品に取付をする事ができます。電源も電化製品や、コンセントから直接とりますので、盗聴器が壊れない限り動いています。
サイズが小さいので、小さな機械の中にも入れることができます。サイズが小さいですが、音は結構キレイに聞く事ができます。

デジタル式盗聴器

今までの盗聴器は電波がアナログでしたが、これはデジタルになっています。ですので、普通の盗聴器発見機では、この電波を調べる事ができないのです。さらに、リモコンが付いているタイプでは、盗聴器のONとOFFを切り替える事ができるので、自分が聞きたい時だけONにして、相手の話を聞いて、使わない時にはOFFにするので、余計に発見をする事が難しいのです。

携帯電話を使ったデジタル式盗聴器

基本的には、デジタル式盗聴器と同じなのですが、やっかいな事に、盗聴をする事ができる距離が日本全国なのです。
携帯電話の電波が入れば、どこでも盗聴をする事ができるのです。
言ってみれば、携帯電話を盗聴器の代わりに使っていると考えて下さい。携帯電話を二台持っていて、一台は盗聴をしたい部屋に置きます。もう一台は自分で持っておきます。盗聴をしたい時に、置いてある携帯に電話をすれば、通話になって盗聴をする事ができるのです。置いている携帯を設定で、自動に電話を取るようにして、音や、振動、光が出ないようにすれば、気付かれる事はありません。
しかし、電池で動いていますので、充電をしないといけないですし、契約者で設置をした人がバレテします事もあります。

部屋の外から盗聴をするタイプ

電話の回線に取り付ける盗聴器

電話の回線に取付をしている盗聴器です。電話回線から電源を取っているので、盗聴器が壊れない限り動き続けます。取付をする場所が電話回線の所しかできないので、取付場所は限られてきます。常に電波を出しているタイプや、電話が使われている時だけ電波を出しているタイプがあります。

コンクリートマイク

これは、部屋の中などに盗聴器をしかけるのではなく、部屋の外から音を聞く為の物です。お医者さんが持っている聴診器のようなもので、壁などにくっつけて、壁の振動を音にして、中の話などを聞くのです。
家がアパートや、マンション、団地などの場合、隣の部屋の音を壁にマイクを付ける事で聞く事ができます。

超指向性盗聴器

これは、遠くにいる相手に対して盗聴をするものです。たとえば、50mぐらい離れている人が話をしているのを聞く事ができませんが、このマイクを相手に向けると、相手の声を拾って、ヘッドホンなどから声を聞く事ができるのです。
部屋に入る事や、敷地内に入る事が出来ない場合に、これで遠くから声を聞く事ができるのです。

レーザー式の盗聴器

これは、まだ新しい盗聴器ですが、部屋に設置をすることなく、遠くから、レーザーを窓に当てて、その反射してきたレーザーの光を受け取る事によって音を盗聴するものです。原理を説明するとややこしくなるので、省きますが、簡単にいうと、コンクリートマイクの進化した物と考えて下さい。
しかし、金額がかなり高いですので、普通の人は購入する事はできません。

Copyright (C) 2008 特捜盗聴器. All Rights Reserved.